広島県広島市の賃貸

image

広島のグルメと言えば、戦後の食糧難の時代に一銭洋食をベースに配給の小麦粉と安く手に入りやすいキャベツを使用して作られたというルーツを持つ「広島お好み焼き」に、海のミルクと呼ばれるほど栄養価の高い「かき」が有名。この他にも瀬戸内の魚介類やあなご料理も有名ですが、実は古い歴史を持ちながら2001年頃にマスコミに取り上げられてからじわじわきているという「広島つけ麺」をご存知でしょうか?

ゆがいた後に氷水で冷やした麺を、ネギや茹でキャベツなどの野菜とともに、醤油ベースに唐辛子の辛さ際立つ激辛のつけタレで食べるつけ麺です。好みに応じて辛さが調節でき、チャーシューやゆで卵などのトッピングも豊富です。関東のほうで言うつけ麺をイメージすると、全然ちがうものが出てきます。辛さがクセになるとともに、たっぷりの野菜が摂れて唐辛子に含まれるカプサイシンによるダイエット効果で、低カロリーでヘルシーな料理だと、一度食べるとやみつきになる人が続出なんだとか!ぜひ一度お試しあれ。